カイロプラクティックの源流

 人類最古の文書といわれるパピルスの中に、手を用いて背骨を刺激して病気を治療する術のことが記載されているといわれ、古代エジプト人、古代メソポタミア人などによってこの種の技術が活用されていたことがわかります。これが現代医学の源流でもあり、カイロプラクティックの源流でもあります。古代には洋の東西や民族の違いを問わずに、類似の脊椎手技・骨格矯正手技・脊髄反射手技などが存在していたと考えられます。