受講するプログラムの内容(どんなことを学ぶの?)

 @学院長個人指導コース(大阪本校)

脊椎矯正法
 カイロプラクティック(ディバーシファイドテクニック)
 カイロプラクティックの根幹である「ディバーシファイドテクニック」を学びます。
「ディバーシファイドテクニック」は特殊なベッドを使わずに、特殊な器具も使わない「手」だけで矯正する方法です。「手」だけで矯正するということがカイロプラクティックの醍醐味です。

 脊柱・骨盤に現れる様々なズレやゆがみをみつけ、正しい位置に矯正する技術を学びます。

 

 頚椎・胸椎・腰椎骨盤の数多いテクニックの中から実践的な矯正法を厳選しました。
  

■頚椎矯正法 6種類(首の矯正)
首の痛み、寝ちがい、首の凝り、肩凝り、頭痛、目の疲れ、手のシビレ等の原因となるズレや歪みを正す技術
■胸椎矯正法 6種類
背中の痛み、腕の痛み、肩凝り、手のシビレ等の原因となるズレや歪みを正す技術
■腰椎・骨盤矯正法 6種類
腰痛、坐骨神経痛、足のシビレ、膝の痛み、便秘、生理痛、足の冷え等の原因となるズレや歪みを正す技術を

 

基礎医学(解剖生理学)
  カイロプラクティックは西洋医学がベースです。人間の体を施術するには、解剖学・生理学を学ぶことが非常に重要です。
  整体カイロに必要な解剖・生理・病態のベーシックな知識を看護学校などで使っている映像学習(DVD)で学びます。
  
筋肉緩和操作法(筋肉のほぐし)
  アメリカ的なカイロプラクティックでは全身の筋肉をほぐすという考え方はありません。アメリカ的なカイロプラクティックでは、日本人の筋肉や骨格、生活様式の違いによりには合わない部分があります。
日本メディカルカイロプラクティック専門学院の直営院では毎回患者さんが来られると全身の筋肉をほぐします。
体に不調のある方は筋肉が緊張していますので、緊張を取り除いてから骨の矯正をします。全身の筋肉をほぐすことで矯正がしやすく、矯正がより有効な働きをします。
この施術法は、大山学院長が長年にわたり施術してきた経験から確立した方法です。また、お年寄りや矯正が苦手な方には、この筋肉緩和操作(筋肉のほぐし)だけで症状を改善していく方法もあります。形だけを見ると他の施術院でも同じようにされているかもしれませんが、実際に体験されるとその違いがお分かりいただけると思います。 

 

症例別カテゴリー(映像学習)
  最近、病院・整形外科で増え続けている様々な症状に対し、その専門医はどのような治療を行うのか。また、いかなる考えを専門医はもっているのか。どのように患者へアプローチしているのか。という事を我々カイロプラクティック施術者は、知る事により、患者さんへの説明、コミュニケーション、信頼、理解を深めていく事が出来ます。症例別の専門知識を獲得するには必須内容です。
 1.腰痛  2.股関節の痛み(変形性股関節症)  3.骨粗しょう症  4.変形性頸椎症 
 5.椎間板ヘルニア  6.膝の痛み(変形性膝関節症)  7.五十肩  8.スポーツ整形    


 A 有資格者コース

 「脊椎矯正法」のみです。内容は上記の「脊椎矯正法」をご覧下さい。